足首のかゆみ対策|掻きむしり黒いシミにならないために

足首のかゆみ対策|掻きむしり黒いシミにならないために

足首のかゆみ対策|掻きむしり黒いシミにならないために

 

足首がかゆくなる事ありませんか?

 

 

私はくるぶしの辺りがかゆみに襲われます。
かゆみが治まると黒っぽくなって皮膚がはがれてきます。
それを定期的に繰り返しています。

 

 

どうすれば治るのかな?っていつも考えていますが改善されていません。

 

 

みなさんはどうですか?
そのような経験はありませんか?

 

 

足首がかゆくなる時の原因と対策をきちんと理解していないので
その時の対処療法だけになってしまって
なかなか治りにくくなってしまっています。

 

 

そんな私みたいな方の為に
足首がかゆい・かゆみがある原因と対策をしっかりと見ていきましょう。

 

 

 

 

足首がかゆい・かゆみがある原因

 

かゆみの原因には皮膚の乾燥と血液がうったいした状態があります。

 

 

乾燥とは

 

正常な皮膚の表皮は、水分と油分(皮脂)によって
外部からの異物が侵入するのを防ぐバリア機能を果たしています。
皮膚が乾燥すると皮膚の表面から水分や油分が失われます。

 

 

また加齢とともにホルモン分泌が減少し
肌の皮脂や天然保湿成分の分泌量が減りバランスが崩れます。

 

 

細胞分裂能力が落ち皮膚が薄くなるために、
水分蒸発量が増えて肌が乾燥します。

 

 

そのためちょっとした刺激に対しても
敏感に反応しかゆみが出現します。

 

 

 

血液がうったいした状態とは

 

足は重力の関係で体の水分がたまります。
長時間の立ち仕事や肥満・加齢・出産などが加わって
心臓に水分を戻す事ができないと静脈内で停滞してしています。

 

 

それが「うったい」と言う状態です。

 

 

足の血液がうったいした状態になると
乾燥肌も引き起こしやすくなります。

 

 

 

何故かゆみが起こるのか?

 

原因ははっきりわかりましたが、
かゆみは掻くとますますかゆくなりますが
それは何故なのでしょうか?
そこにもきちんとして理由があります。

 

 

かゆいからとかくことによってかゆみの原因である
ヒスタミンを誘発する物質が出てしまい、かゆみが増します。
ヒスタミンには外部刺激から皮膚を守るという役割がありますが
多く分泌されるとかゆみが発生してしまいます。

 

 

かゆみの原因となる物質が出てくるのは驚きですね!

 

 

では、ここから足首のかゆみ対策を見ていきましょう。

 

 

 

 

足首がかゆい・かゆみがある対策

足首すべすべ

 

乾燥肌対策

 

  • かゆくなっていない時から、保湿クリームをつける
  • 保湿クリームは低刺激性の物を使用する
  • 吸湿性の良い綿100%の靴下の使用
  • 加湿器の使用
  • 体の内側からの乾燥肌改善
  • →ビタミンA、B、C、E、脂質、タンパク質、コラーゲンの摂取

  • 入浴時の石鹸は界面活性剤不使用の石やボディーソープの使用
  • 睡眠をしっかりとって、ホルモンバランスを整える
  • →皮膚の成長は22時から2時までのため

 

 

 

血液うったい対策

 

  • 締め付ける靴下の使用を避ける
  • 入浴後に界面活性剤不使用のマッサージクリームを使ってマッサージをする
  • 寝るときに足をあげて休む

 

 

意外と注目されない足首ですが、顔と同じ皮膚なので
上記のように優しくケアをしてあげると、足首のかゆみから解放されます。

 

 

ますます乾燥する冬の季節なので、
足首ケアを行って、快適な冬をお過ごしください。

 

⇒体の内側からかゆみを止めるサプリメントはコチラ!

 

 

 

 

>>>乾燥肌かゆみに効く石鹸TOPへ戻る