乾燥肌かゆみ クレンジング剤

乾燥肌・かゆみを防ぐクレンジングの選び方

乾燥肌・かゆみを防ぐクレンジングの選び方

 

乾燥肌かゆみを治すクレンジング剤

メイクを落とすときに使うクレンジング剤は
洗顔では落とせないメイクを落とすので
とても洗浄力が高いです。

 

 

クレンジング剤はメイクを浮き上がらせるために
合成界面活性剤やアルコールが使われており、
それらが肌に刺激を与えて
乾燥肌やかゆみを招いてしまいます。

 

 

ですが、乾燥肌やかゆみが気になるから
メイクしないというわけにはいきません。
そこで今回は、乾燥肌・かゆみを防ぐ
クレンジング剤の選び方をお伝えします。

 

 

 

クレンジング剤の刺激の強さと洗浄力の高さ

 

クレンジング剤は基本的に
合成界面活性剤でメイクを浮き上がらせて落とします。
その合成界面活性剤の量や種類によって洗浄力が変わり、
洗浄力の高いものほど肌への刺激が強くなります。

 

 

洗浄力が高いが肌への刺激が強いクレンジング剤

  • ふき取りタイプ
  • クレンジングオイル
  • リキッドタイプ
  • 泡クレンジング
  • クレンジングジェル(油性)

 

 

洗浄力は低いが肌への刺激が少ないクレンジング剤

  • クレンジングクリーム
  • クレンジングミルク
  • クレンジングジェル(水性)

 

※共に上に表記しているものほど洗浄力が高く刺激が強い。

 

 

当然ながら洗浄力が高いクレンジング剤の方が
顔の皮脂や保湿成分を洗い流してしまう量が多く、
肌の乾燥を招いてしまいます。

 

 

 

乾燥肌やかゆみを防ぐクレンジング剤の種類

 

乾燥肌やかゆみを防ぐには
洗浄力は低いが肌への刺激が少ないクレンジング剤
を使うようにしましょう。
これまで洗浄力が高いものを使っていた方は
たったそれだけで肌の乾燥具合が全然変わります。

 

 

また、洗浄力が弱くてメイクが落ちない場合は
メイクが濃い部分だけクレンジング剤を変えて落としましょう。
そうすることで他の部分の肌を守ることができます。

 

 

とはいえ、できれば
洗浄力が低いクレンジング剤でも落ちるような
メイク方法やメイク道具を使うようにするのが
肌にもやさしく乾燥やかゆみを防ぐことができます。

 

 

 

一番良いのは石鹸だけの洗顔でメイクが落とせること!

 

もしクレンジングでのメイク落としがなければ
クレンジングからの肌のダメージはなくすことができます。
なので、可能であれば石鹸の洗顔だけで
メイクが落ちるような方法や道具を使うのがベストです。

 

 

かなり薄化粧にはなるので
肌トラブルを隠すのは少し難しくなりますが
将来的に美肌になるためには一番効率的です。
その方がメイクによる肌のダメージも少なくできます。

 

 

 

以上が乾燥肌・かゆみを防ぐクレンジングの選び方です。
メイクのやり方も重要になってくるので
合わせて対策するようにしましょう。

 

 

 

>>>乾燥肌かゆみに効く石鹸TOPへ戻る