顔のかゆみの原因

顔のかゆみの原因|なぜあなたの肌はかゆみが取れないのか

顔のかゆみの原因|なぜあなたの肌はかゆみが取れないのか

かゆみの原因を解説する医者

 

顔のかゆみが気になるようになると
どんどんかゆくなっていく気がしませんか?
しかも、ケアしても治まらなくて困る・・・

 

 

かゆみがあるとついつい掻いてしまいがち。
掻いてしまうと肌に傷がついてさらに症状が悪化します。
乾燥して弱った肌ならなおさらです。

 

 

なぜあなたの肌のかゆみが取れないのか?
今回はその原因をお伝えします。

 

 

 

顔のかゆみ4つの原因
  • 肌の乾燥
  • アレルギー・アトピー性皮膚炎
  • 接触性皮膚炎
  • 蕁麻疹・ヒスタミン

 

1つずつ詳しく見ていきましょう。

 

 

肌の乾燥

 

洗顔やクレンジングのやり過ぎによって
皮膚が傷つき、肌の保湿成分が失われると
保湿機能が低下して乾燥してしまいます。

 

 

それによってバリア機能が低下すると
花粉やホコリが肌に侵入しやすくなり外部刺激にも敏感になるので
反応してかゆくなってしまうのです。

 

 

間違ったスキンケア以外にも
食生活や生活習慣の乱れが乾燥肌になることもあります。
詳しくは別記事にまとめていますので
ご覧になってみてください。

 

⇒乾燥肌の原因|セラミド足りてる?油分が少ないだけじゃないよ

 

 

 

アレルギー・アトピー性皮膚炎

 

  • 植物
  • 化学物質
  • 金属類
  • 食べ物

などにアレルギー反応を起こすことで
かゆみが出ることがあります。
どれに反応するかは人それぞれですが、
皮膚科に行って確認しないとなかなか判断できません。

 

 

症状が酷くなったり長期間続くと
アトピー性皮膚炎になり肌がガサガサになってしまいます。

 

 

 

接触性皮膚炎

 

肌がある物質に触れることで皮膚炎を起こすものです。
一般的にはかぶれとも言われます。
比較的かゆみが強いのが特徴で厄介。

 

 

アレルギーやアトピーと違うのは
触れて反応するだけか、食べたり体内に摂取した時にも反応するか。

 

 

 

蕁麻疹・ヒスタミン

 

蕁麻疹は食べ物や植物などに反応し、
皮膚が赤く腫れてかゆみが伴いますが、
数時間〜1日程度で消えてしまうものを言います。

 

 

多くの場合、ヒスタミンという
知覚神経を刺激する物質が含まれた食べ物に反応するので注意。

  • さば、まぐろなどの魚類
  • 豚肉、ささみなどの肉類
  • サトイモ、タケノコなどの野菜

に含まれていることが多いです。

 

 

 

 

かゆみを感じても掻いてはダメ!

 

かゆいからと言って掻いてしまうと
皮膚が傷つきバリア機能が壊れるので
隙間からウイルスやアレルギー物質が侵入し
さらにかゆみが増し症状が悪化します。

 

 

なので、絶対に掻いてはダメです。
最悪の場合化膿してしまうこともあります。

 

 

かゆみを抑えるには

  • 患部を冷やして血行を抑える
  • 保湿効果が高いクリームや軟膏をつかう

のが良い対策です。
温めるとかゆくなるので注意。

 

 

肌に潤いがあればバリア機能が回復して
ウイルスやアレルギー物質の侵入を防げるので
かゆみを抑えられるのです。

 

 

ステロイドはできるだけ使わない方が無難。
使い続けると効果が無くなってしまうし、体にもよくありません。
使うとすればかゆみが酷くてどうしようもない時だけにしましょう。

 

 

 

 

>>>乾燥肌かゆみに効く石鹸TOPへ戻る