乾燥肌かゆみ 化粧水

乾燥肌・かゆみに効く化粧水の選び方

乾燥肌・かゆみに効く化粧水の選び方

化粧水の効果を実感する女性

 

乾燥肌やかゆみを治すには
どんな化粧水を使うかはとても重要です。

 

 

実は化粧水の中には

  • 肌に刺激を与えてかゆみを誘発してしまう
  • 保湿しているつもりなのに逆に乾燥させてしまう

商品もあるので注意が必要なのです。

 

 

そこで今回は
乾燥肌やかゆみに効く化粧水の選び方をお伝えします。

 

 

 

エタノール・アルコールはダメ

 

化粧水を選ぶときにまず確認しなければならないのが
エタノール・アルコールが入っているかどうかです。
必ず入っていないものを選びましょう。

 

 

なぜかというと、
エタノール・アルコールは肌に触れると蒸発します。
この時に肌の水分と一緒に蒸発してしまうので
肌が乾燥してしまうのです。

 

 

化粧水をつけて保湿しているつもりでも
実は肌を乾燥させていることになるので注意しましょう。

 

 

 

肌に刺激のある化学成分が少ないこと

 

肌に刺激のある成分が入っていると
バリア機能を低下させ肌を乾燥させたり、
かゆみを誘発したりしてしまいます。

 

 

なので本来保湿には必要ない
刺激のある成分は避けるようにしましょう。

 

 

具体的には

  • 石油系合成保存料
  • 防腐剤(パラベン)
  • 着色料
  • 香料

などです。

 

 

これらは化粧水を長期保存可能にしたり、
使用感を高めるために使われるものですが
上記の理由により注意が必要です。

 

 

 

保湿成分が多いこと

 

乾燥肌やかゆみを防ぐには
肌に潤いを与えることが一番の対策になります。
なので化粧水は保湿成分が多いのもを選びましょう。

 

 

保湿成分は

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • エラスチン
  • プラセンタ
  • リピジュア

などが多く使われています。

 

 

あなたが今使っている化粧水は
上記のポイントを満たしていますか?
確認してダメだったら見直しましょう。

 

 

 

 

乾燥肌・かゆみに効く保湿機能回復化粧水!

乾燥肌かゆみを治す化粧水

 

乾燥肌・かゆみに効くオススメ化粧水は「肌潤ろーしょん」です。
「肌潤ろーしょん」はガサガサ肌・ごわごわ肌でもしっとり肌を取り戻す化粧水で、
砂糖の低刺激でなおかつ保湿力の高い部分を利用し、
セラミドを産生する効果があります。

 

 

これにより保湿機能の8割を占める細胞間脂質に
セラミドを補うことができ肌に潤いを与えられます。
なので、肌の保湿機能が回復し潤いを取り戻せるのです。

 

 

さらにビフィズス菌発酵エキスが
保湿機能の約2割を占める天然保湿因子をサポートするので
角質の保湿機能を高める効果はかなり高いと言えます。

 

 

角質の保湿成分不足の乾燥肌にはピッタリの化粧水です。

 

⇒乾燥肌に効く保湿機能回復化粧水「肌潤ろーしょん」公式ページへ!

 

 

 

 

>>>乾燥肌かゆみに効く石鹸TOPへ戻る