即効性のあるかゆみ止めのやり方

即効性のあるかゆみ止めのやり方!今すぐ止めたいそのかゆみに

即効性のあるかゆみ止めのやり方!今すぐ止めたいそのかゆみに

爽快気分

 

乾燥肌やアトピーで肌にかゆみがあると、
掻けない状況な時でもムズムズし始めてしまいますよね。

  • 寝れないとき
  • 大事な商談をしているとき
  • 発表会などで舞台に立っているとき
  • 友達と話をしているとき
  • 料理など食べ物を触っているとき
  • 気になる異性と食事をしているとき

などなど。

 

 

そんな時に即効性のある方法があると助かりますよね。
そこで今回は即効性のあるかゆみ止めのやり方をご紹介します。

 

 

 

即効性のあるかゆみ止め4つのやり方
  • 患部を冷やす
  • 薬用効果のある野菜や葉っぱのエキスを塗る
  • 保湿する
  • ステロイドや抗ヒスタミン剤を使う

 

1つずつ見ていきましょう。

 

 

患部を冷やす

 

一時的にかゆみを抑える方法としては即効性が高い方法です。
患部を冷やすことで血流を抑え
かゆみ原因物質ヒスタミンの分泌を減少させるので
一時的に症状を抑えることができます。

 

 

保冷剤や冷たいタオルを患部に当てて冷やすのがいいです。
が、外出先だと持ち合わせていないことも多いので、
その場合はお手洗いに行ってタオルやハンカチに水をつけて
患部を冷やすのが良いです。

 

 

そのために専用のタオルを1枚くらい
バッグに入れておくと便利に使えるはずです。

 

 

 

薬用効果のある野菜や葉っぱのエキスを塗る

 

これは家にいるとき限定になってしまいますが、
薬用効果や保湿効果がある野菜などのエキスを患部に塗ると
すぐにかゆみを止めることができます。

  • ヨモギ
  • ネギ
  • ニラ
  • ビワの葉

などが効果的です。

 

 

ミキサーしたり細かく刻んで
ガーゼで絞りエキスを取り出しましょう。
原始的な方法に感じると思いますが、
そういう方が意外と効果が高かったりします。

 

 

 

保湿する

 

秋冬など肌が乾燥するときにはもちろん有効ですが、
春の花粉が肌に侵入するのを防いだり、
夏の紫外線によるダメージを緩和するのにも効果的なので
オールシーズン使える方法です。

 

 

化粧水やクリームなどを使って保湿することで
肌のバリア機能が高まってかゆみを抑えることができます。
化粧水を冷やしておくと患部を冷やすこともできるので
即効性はかなり高くなります。

 

 

外出時も化粧水やクリームを持ち歩くようにしておくと
大事な場面の前にお手洗いで塗れるので
失敗せずに済む確率が上がります。

 

⇒角質に浸透しセラミド生成を補う皮膚再生化粧水!

 

⇒肌表面を水分のヴェールで覆う皮膚保護保湿クリーム!

 

 

 

ステロイドや抗ヒスタミン剤を使う

 

コレは最終手段です。
ステロイドや抗ヒスタミン剤は副作用があるので
長期的にはもちろん使うことができません。

 

 

ですが、かゆみが強すぎるときなどは
我慢しすぎてもストレスになり寝れないこともあるので
そういう場合は短期的に使った方が良い場合があります。

 

 

期間としては長くても1週間程度までにしておくべき。
長期間使うと効果がどんどん薄くなってしまうし、
副作用が現れる可能性が高くなってしまいます。

 

 

 

 

>>>乾燥肌かゆみに効く石鹸TOPへ戻る