乾燥肌が鱗になるのは乾皮症

乾燥肌が鱗になるのは乾皮症|キレイな肌の取り戻し方

乾燥肌が鱗になるのは乾皮症|キレイな肌の取り戻し方

乾燥でひび割れ

 

乾燥肌が酷くなるとひび割れして鱗のようになり
見た目が非常に悪くなることがあります。
それだけでなくかゆみや痛みが伴うこともありますよね。

 

 

粉が吹いたようになって洋服につくこともあるし、
不清潔に見えるので自分だけが嫌なのではなく
相手にも嫌な印象を与えてしまうので厄介。

 

 

一刻も早く治療するためにも
対策を一つずつ行っていきましょう。

 

 

 

鱗乾燥肌を早く治す4つのケア
  • 洗顔料やボディーソープは肌に優しい石鹸を選ぶ
  • お風呂の後は化粧水や乳液で保湿成分を補う
  • バランスのとれた食事で皮膚の生成を促す
  • 下着・タオルなど肌に触れるものは肌触りの良いものにする

 

鱗のようになる乾燥肌は
過度な乾燥と肌のターンオーバーの乱れが根本的な原因。
それによって角質が厚くなってひび割れや皮めくれ
しやすくなってしまうのです。
なので、保湿と肌のターンオーバー正常化を重視しましょう。

 

 

 

洗顔料やボディーソープは肌に優しい石鹸を選ぶ

 

洗顔フォームには石油系合成界面活性剤が含まれますが、
顔よりも肌が強い体に使うボディーソープには
さらに多くの界面活性剤が使われることが多いです。
そのため、鱗乾燥肌には強い刺激になります。

 

 

洗顔や体を洗うときには

  • 刺激を抑えること
  • 保湿成分の流失を防ぐこと

が肌に潤いを与えるには重要です。

 

 

そのためには肌に優しく保湿成分配合の石鹸を使いましょう。
無添加石鹸が一番肌に優しいのでオススメ!
洗顔石鹸に当てはまる商品が多いので、
それを体を洗うときにも使うのが効果的です。

 

⇒無添加で保湿成分配合の潤い肌を取り戻す肌再生石鹸!

 

 

体を洗うときにはナイロン製のタオルでゴシゴシ擦らず、
洗顔と同じように泡で優しく洗うようにしましょう。

 

 

 

お風呂の後は化粧水や乳液で保湿成分を補う

 

顔のスキンケアでは化粧水や乳液を使っていると思いますが、
体の方もちゃんとケアしていますか?
ボディークリームやワセリンなどもありますが、
肌に蓋をするだけで保湿成分は補えないので
化粧水を全身に使うべきです。

 

 

肌の保湿機能は天然保湿因子やセラミドで
9割以上維持されているので
そこで必要なセラミドを補給するようにしましょう。

 

 

ナノ化されたセラミドやセラミドの生成を促す効果のある
化粧水を選ぶようにして下さい。

 

⇒角質に浸透しセラミド生成を補う皮膚再生化粧水!

 

 

化粧水を付けた後は
顔なら乳液、体ならボディークリームやワセリンで蓋しましょう。
全身に乳液使ってしまうのもアリだと思います。
顔に使うものは保湿成分や美容成分が豊富なので効果的。

 

⇒肌表面を水分のヴェールで覆う皮膚保護保湿クリーム!

 

 

保湿が寿分にできて潤いがキープできれば
肌のターンオーバーが整って古い角質が剥がれて
角質の厚さが正常に戻りひび割れもなくなります。

 

 

 

バランスのとれた食事で皮膚の生成を促す

 

栄養バランスが取れた食生活をすることで
新しい皮膚を生成してひび割れを起こした肌を治していきます。
そのためには

  • ビタミン群
  • ミネラル
  • たんぱく質

を重視してバランスよい食事をとりましょう。

 

 

栄養バランスが崩れると
肌のターンオーバーも乱れてしまうので
鱗乾燥肌が治らず酷くなることがあるので注意しましょう。

 

 

日々の食事が乱れがちならサプリメントで補うのも効果的。
現代の食生活で完璧な栄養バランスにするのは難しいので
効率的に補えるようにしていきましょう。

 

⇒ビタミン群豊富!就寝中のかゆみを抑え、掻きむしり肌荒れ防止サプリ!

 

 

 

下着・タオルなど肌に触れるものは肌触りの良いものにする

 

鱗乾燥肌だとちょっとした刺激が痒みや痛みになります。
その最たるものが下着やタオルによる刺激。

 

 

下着やタオルによる刺激を抑えるには

  • 肌触りがよく良質なものを選ぶ
  • 洗剤や柔軟剤は肌に優しいものを選ぶ

ようにしましょう。

 

 

 

 

>>>乾燥肌かゆみに効く石鹸TOPへ戻る