乾燥肌で夜にかゆみでムズムズして眠れないときの対策とは。

乾燥肌で夜にかゆみでムズムズして眠れないときの対策とは。

乾燥肌で夜にかゆみでムズムズして眠れないときの対策とは。

 

最近朝晩の冷え込みが強くなってきましたね。
冷え込みが強くなってくると
乾燥肌も酷くなってくる今日この頃です。

 

 

ひどい時になるとかゆくて眠れなくなってきます。
いつもこの冬の時期になると繰り返しています。

 

 

乾燥肌は対策を考えたいと思っていますが
肌の作りが分かっていないので、
それなりの対策を考えてやっても
今一つ効果がありません。

 

 

肌の作りを分かった上で
乾燥肌でかゆくなる人の原因と対策に
焦点を絞らないと
確かな効果は得られないと思います。

 

 

なのでまずは皮膚について調べてみました。

 

 

 

 

皮膚の構造

 

皮膚の厚さは平均1.5〜 4ミリで外側から順に

 

  • 表皮
  • 真皮
  • 皮下組織

 

の3層で出来ています。

 

 

表皮細胞は2週間で剥がれ落ちる
新陳代謝を繰り返しています。

 

 

ではこの皮膚がどのように水分を
保持しているのでしょうか?

 

 

 

 

皮膚の水分保持

 

  • 皮膚は水分を保つため皮膚の表面で皮脂膜を形成
  • 角質層ではNMF因子が存在し、 水分を保持

 

これらが皮膚をコーティングして
水分の蒸発を防いでいます。

 

 

では乾燥肌は何が原因で起こるのでしょうか?

 

 

 

 

乾燥肌の原因

夜にかゆみで寝れない

 

  • 紫外線やエアコンなどの外部からの刺激
  • 偏食やインスタント食品のとりすぎ
  • 不規則な生活習慣
  • 加齢による肌の老化
  • 冷たい空気や風にさらされる

 

・・・など。

 

 

抹消血管が収縮で肌の血行が悪くなり
皮膚の角質層の保湿機能が低下が起こります。

 

 

これらをそのまま放置すると・・・

 

  • 小ジワ
  • くすみ
  • 乾燥して湿疹→シミ

 

が出来てしまいます。

 

 

いつまでも綺麗な肌で居たいのに
こんな風になるのは嫌ですよね。

 

 

 

 

何故夜になるとかゆくなるのか?

 

今まであげた原因に加えて
「体が温まる」からです。

 

 

体が温まると血流がとてもよくなるので
かゆみが増します。

 

 

眠くなると体がポカポカしてきますよね。
あの状態は、とても体がリラックスするために
血管が拡張して血流が増す事によって起こります。

 

 

ではどのような対策があるのでしょうか?

 

 

 

 

乾燥肌で夜になるときにかゆくなる人の対策

快適な朝の目覚め

 

  • 湿度を一定に保つ
  • 入浴後肌の水分が蒸発しないよう、10以内に保湿剤を塗る
  • 保湿性の高い化粧品やクリームを使う
  • 低刺激性のボディーソープや石鹸を使用する
  • 紫外線対策を行う
  • 熱いお湯に入らない(40度以下)
  • 下着など肌に直接あたる物は、綿製品を使用する
  • 肌を清潔に保つ

 

 

これらの対策を行うと
乾燥肌で夜になるときにかゆくなるのは
ぐっと減ります。

 

 

これで今晩からゆっくり休めそうですね。

 

 

ゆっくり休めて、若々しい肌を保つ事が出来る!
一石二鳥ですね!

 

⇒夜の嫌なムズムズをサプリメントで簡単に止めるならコチラ!

 

 

 

 

>>>乾燥肌かゆみに効く石鹸TOPへ戻る