油分が足りない乾燥肌

油分が足りない乾燥肌だと言われたら|しっとり肌奪還方法

油分が足りない乾燥肌だと言われたら|しっとり肌奪還方法

油

 

化粧品を買いに行った時に
肌分析や肌質診断をすることがあると思います。
乾燥肌で悩んていると水分が少ないだけでなく、
油分が足りないと判定されることがあります。

 

 

皮脂の分泌量は年齢を重ねると少なくなりますが、
それでも30代後半くらいまでは極端には減少しません。
若いうちから肌の油分が足りないって言われたら
皮脂の分泌が少ない原因があります。

 

 

今回はその油分が足りない乾燥肌の原因と治し方をお伝えします。

 

 

 

 

単純に脂質を取るだけじゃダメ!

 

油分が足りないと言われると、
まず最初に思いつくのが脂質の摂取量が少ないということ。
サラダ中心や肉より魚派の人は特にそう思うかもしれませんね。

 

 

確かに脂質の摂取量が少ないと
皮脂の分泌量が減りますが、
脂質だけをたくさん摂っても今度はただただベタついてしまいます。

 

 

元々乾燥肌で体は皮脂を分泌しようとしているので
脂質が増えれば増えた分だけ分泌されてしまって
最悪の場合、脂性肌になってしまうこともあります。

 

 

 

 

皮脂の分泌を整える必須脂肪酸を摂取しよう!

 

必須脂肪酸(オメガ3・オメガ6)は
皮脂の分泌量を正常化してくれるので
油分が足りない人にとっては脂質よりも必須!

 

 

必須脂肪酸を取り入れようとすれば
ある程度脂質も取れるので、
肉などの脂質だけで油を摂るより効果的です。

 

 

オメガ3系必須脂肪酸は

  • ニシン・さんま・ぶりなどの魚類
  • ゴマ
  • アーモンド

などに豊富に含まれます。

 

 

オメガ6系必須脂肪酸は

  • ひまわり油
  • ごま油
  • レバー

などに豊富に含まれます。

 

 

特にオメガ3系が足りていない人が多いので
重視して摂取するようにしましょう。

 

 

オメガ3系はDHAやEPAなどで
サプリメントで補えるものもあるので、
なかなか毎日魚などを食べられない人は
サプリメントで効率的に栄養を補うようにしましょう。

 

>>>あなたの肌をしっとりふっくらに導くサプリはコチラ<<<

 

 

 

 

カフェインの摂り過ぎは油分を減らします!

 

もし必要な栄養素が足りていたり、
年齢的にもまだまだ若いのに油分が少ないなら
コーヒーや紅茶の飲み過ぎが原因かもしれません。

 

 

カフェインは体内で脂質が吸収されるのを阻害するため、
食べ物から摂取しても吸収されず排出されてしまいます。
これでは肌の油分は増えませんよね。

 

 

家や職場にコーヒーや紅茶を常備していて
一息休憩するときには1日に何度も飲む人は要注意。
止める必要は無いので飲む量を1日1杯ぐらいに減らしてみましょう。
それだけでも改善される可能性があります。

 

 

カフェインを減らすと睡眠の質が上がり疲れが取れやすくなるので
それによって肌のターンオーバーが整って
肌トラブルが改善されることもあります。

 

 

基本は必須脂肪酸の摂取ですが、
生活習慣の見直しもしてみましょう。

 

 

 

 

>>>乾燥肌かゆみに効く石鹸TOPへ戻る